異なる販売店を回ってじっくり交渉

こちらでは皆様から投稿いただいたCX-5値引きの体験談や乗り心地レビューなどを掲載しております。

 

投稿はトップページの投稿フォームで投稿できます。ぜひご投稿ください。

 

投稿者 ダイポン様
契約日/納車日 2014年9月25日/2014年12月上旬
車体値引き額 14万円
オプション値引き額 10万円
その他値引き ポリマー&ガラスコーティング 無料
値引き総額 24万円
下取り ナシ
愛車の売却額 10万円

車を購入する基本はまず希望購入車両と同タイプ車種(ライバル車)とメーカーで競わせることが有効です。今回は日産のエクストレイルで20万以上の値引きを提示されてることをマツダの営業マンに伝えました。正直もっと30~40万ぐらいふっかます予定でしたが現実的な額で様子を見ました。CX-5はマツダでも売れ線の車種でなかなか正直かなり値引きには消極的・・。結局オプション込で10万前後の値引き+ポリマー&ガラスコーティング 無料とのことでした。正直かなり値引きについて不満でした。

 

CX-5に購入を絞って(インテリアが気に入った)マツダの販売店で何店回ることにした。トヨタ、日産なら地元に何店もあるのにマツダは市内で1店舗のみ・・。

 

神奈川県ではマツダ販売店が大きく分けて三つ。(関東マツダ・神奈川マツダ・湘南マツダ)

 

販売店回りも楽じゃないです。結局、家から一番近い販売店が安かったのと営業マンの猛プッシュで購入を決めました。

 

乗っていたマーチは下取り出さず中古車業者に売却しました。そもそもディーラーにはこのマーチには値段が付けられないと言われていたのでよしとします。

愛車の買取相場知ってますか?

新車購入でディーラーに行くなら、愛車の相場は必ず調査しておきましょう。自分の愛車の価格を知らないまま商談すると、下取り額が高いか安いかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

関連ページ

店長対応でスムーズに交渉が進む
たまたま店長が商談に対応してくれたおかげで、比較的スムーズに決裁が取れた例をご紹介します。
大穴のCX-5がまさかの大幅値引きで本命に変更
ヴェゼルが本命だったのですが、値引きの高さからCX-5へ一転契約となった例です。もともと違うライバル車を本命にしていたのが功を奏したようです。
妻の意見をダシにして値引きに利用!
奥さんがフォレスターを希望しているとブラフを使ってみた結果、値引きがグッと増えた例となります。高度な戦術ですが、場合によっては効果があるようです。