大穴のCX-5がまさかの大幅値引きで本命に変更

こちらでは皆様から投稿いただいたCX-5値引きの体験談や乗り心地レビューなどを掲載しております。

 

投稿はトップページの投稿フォームで投稿できます。ぜひご投稿ください。

 

投稿者 じょにー様
契約日/納車日 2014年7月/2014年10月
車体値引き額 13万円
オプション値引き額 24万円
その他値引き -
値引き総額 37万円
下取り ナシ
愛車の売却額 25万円

第一候補がヴェゼルだったのですが、近所のディーラーでどれだけがんばっても15万円以上値引きできず、困り果てていました。

 

そんな中、大穴くらいのつもりでいたCX-5にマツダディーラーで試乗してみるとすごくエンジン音が静かで乗り心地もよく、すぐに第一候補に格上げしました。ヴェゼルで苦戦していたことを話すとセールスマンさんが「店長に言っておきますので、予算を決めておいてくださいね」と言ってくれました。

 

後日、店長さんが交渉相手になってくれたので「300万なら買います!」とダイレクトに告げたところ、「310万ならなんとか…10万円補助金がつくので300万円と同じことになりますし、それでいかがですか? これ以上の条件はありませんよ」と言われて悩みました。

 

付属品をいくつか追加して、結局は312万円で決着。付属品からこれだけ値引きできるのはディーゼルならではといったところです。
下取りについてはさすがに15万円から動かなかったので、買取業者に売ることにしました。

愛車の買取相場知ってますか?

新車購入でディーラーに行くなら、愛車の相場は必ず調査しておきましょう。自分の愛車の価格を知らないまま商談すると、下取り額が高いか安いかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

関連ページ

店長対応でスムーズに交渉が進む
たまたま店長が商談に対応してくれたおかげで、比較的スムーズに決裁が取れた例をご紹介します。
異なる販売店を回ってじっくり交渉
マツダの販売店が1系列しかなかったため、越境交渉をした例です。途中で力尽きてしまっていますが、根気よく回ればもう少し値引きできたかもしれませんね。
妻の意見をダシにして値引きに利用!
奥さんがフォレスターを希望しているとブラフを使ってみた結果、値引きがグッと増えた例となります。高度な戦術ですが、場合によっては効果があるようです。