妻の意見をダシにして値引きに利用!

こちらでは皆様から投稿いただいたCX-5値引きの体験談や乗り心地レビューなどを掲載しております。

 

投稿はトップページの投稿フォームで投稿できます。ぜひご投稿ください。

 

投稿者 僕ら様
契約日/納車日 2014年10月/2014年12月
車体値引き額 17万円
オプション値引き額 29万円
その他値引き -
値引き総額 46万円
下取り アリ
愛車の売却額 180万円

SUVが欲しくてエクストレイル、フォレスター、CX-5のどれかに絞っていました。競合というよりは好みの車を見つける意味でそれぞれのお店に行きました。

 

まずエクストレイルですがちょっと運転が味気なく、フォレスターは予算が足りずに断念。

 

CX-5に絞られたわけですが、試乗してみるとなかなか乗り心地がよくここでがんばろうと思い、交渉をしてみたところ値引き17万円。愛車のレクサスは180万円で買い取ると言われました。

 

後日、事前に交渉したフォレスターの条件を伝えましたが反応はイマイチ。

 

それで、これまでは妻も連れていっていたのですが、3回目に妻を家に置いて一人でディーラーに行き「妻がどうしてもフォレスターがいいと言って聞かない。納得できる金額まで下げられないとCX-5が外れてしまう」と悲しげに伝えてみると、伝わったのか値引きが上乗せされて車体&オプションから46万円引きとなりました。妻を引き合いに出した手前そこでは決めずいったん帰り、後日OKになったと伝えて契約しました。

 

下取りはそのまま出してしまったのですが、今思えば査定くらいはしておけばよかったなと思います。

愛車の買取相場知ってますか?

新車購入でディーラーに行くなら、愛車の相場は必ず調査しておきましょう。自分の愛車の価格を知らないまま商談すると、下取り額が高いか安いかわからず、数十万円からの大損をする可能性が高いです。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。

関連ページ

店長対応でスムーズに交渉が進む
たまたま店長が商談に対応してくれたおかげで、比較的スムーズに決裁が取れた例をご紹介します。
異なる販売店を回ってじっくり交渉
マツダの販売店が1系列しかなかったため、越境交渉をした例です。途中で力尽きてしまっていますが、根気よく回ればもう少し値引きできたかもしれませんね。
大穴のCX-5がまさかの大幅値引きで本命に変更
ヴェゼルが本命だったのですが、値引きの高さからCX-5へ一転契約となった例です。もともと違うライバル車を本命にしていたのが功を奏したようです。